かっちゃんのツーリング日記 門司港レトロ めかり 地元プチプチツーリング 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

門司港レトロ めかり 地元プチプチツーリング 

地元1
先日、急遽 バイクに乗ることに この日は かなり暖かい「乗っちゃえ」って感じで PM3時に 出発 どこ行こうか迷った結果、高速に乗って 門司港ICまで 白野江周りで 関門海峡に関門橋 バイクで 来るのは CB買って間もない頃以来 たまには 違う風景も 
地元2
めかり公園に 登ってみます。見慣れた風景 向こうは 本州 こちらは 九州 
地元3
めかり公園の 登り口 
地元4
一番眺めのいい ポイントかな?休日には 観光客が たくさん来ます。
地元5
さーて 次は 門司港レトロ  旧門司税関 明治42年の門司税関発足を契機に、明治45年(1912年)に建てられた煉瓦造り瓦葺平屋構造の建築物。昭和初期まで税関庁舎として使用されました。1階は税関常設展示コーナー、エントランスホール、休憩室、喫茶店「レトロカフェ」、展示室、2階はギャラリーと関門海峡を望める展望室となっています。もとは どこにあったのでしょうか?

地元6
反対側には 国際友好記念図書館 明治35年、大連市に帝制ロシアが建てたドイツ風建築物を、北九州市・大連市友好都市締結15周年を記念して複製建築しました。ドイツ系ハーフテンバー洋式による茶と白のコントラスト、
煙突やドーマ窓、尖塔部分などが印象的な建物です。1階はレストラン、2階は中国・アジアの文献を収蔵した図書館、3階は資料展示室になっています


地元7

図書館の横には 門司港レトロ展望室 黒川紀章氏設計の高層マンション「レトロハイマート」の31階部分に設けられた展望室。高さ103mから関門海峡をや眼下の門司港レトロの街並みも見渡せる絶景ポイントです。モダンな超高層ビルは、一見レトロと高層建築は不釣合だと思われるかもしれないが、ぜひ一度訪れてみてください。今まで見ることができなかった視点から270度の大パノラマが楽しめます。また、情報潜望鏡「アイステア」や17倍率まで拡大できるデジタル望遠鏡など、他の施設には見られない最新設備の整った展望台です。夜も10時まで利用でき、8時頃からは少し照明も落とし、ロマンチックなデートスポットになります。

 

地元8

前から 気になってた 桜隧道 1914年(大正3年)に開通。下には 新桜トンネルがあります。
いつもは 新桜トンネルを 通ってますが 今日は 旧道を通ってみます。結構 道幅狭く 大きな車だと離合が キツイかも そもそも、隧道が開削される切欠となったのがこの峠向こうにあった本郷村と旧門司市の合併問題である。
本郷村と門司は距離的にはさほど離れて居ないものの、割と険しい道程の桜峠が両地域を隔てており、それがネックとなって中々話が進まなかった。
そこで、峠に隧道を掘る事によって交通難を解消。
一気に本郷村と門司市は身近な場所となり、はれて本郷村は北九州の中心都市、門司市の一部となったのである
 あと気になる旧椿隧道行ってみたいんですけどね 本日は 時間がないので 先を急ぎます。  

地元9
<さーて 最後に いつもお世話に なってる 〇〇ヒ自動車さんへ ここには トモダチ シンちゃんが 勤めてます。少し休憩して 新門司ICから バビューンっと一気に リュウタくんのとこまで帰りました。
本日の走行距離 100キロぐらい 


ブログランキング・にほんブログ村へ     
    ↑          ↑
ブログランキングに参加してます。 バイクマークと ランキングマークを ポチッとクリック 元気に バイクは 走ります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かっちゃん

Author:かっちゃん
ツーリングレポート等 情報交換お願いします。バイクで 行ける 美味しいお店、ツーリングルート、失敗談、バイクに関して整備やインプレ教えてください。 その他、仕事や今日の出来事、アップして行きます。 

フリーエリア
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
読んでるブログ
RSSフィード
かっちゃんさんのアルバム
Powerd by funisgood.com

バイク乗り集合~
にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ひな形
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。